横浜銀行カードローンは職場に電話あり?在籍確認のタイミングと回避方法

横浜銀行カードローンは職場に電話あり?在籍確認のタイミングと回避方法

 

横浜銀行カードローン利用する場合には、ほかのキャッシングやカードローンと同じように、審査の一環として電話連絡による在籍確認が行われることになります。

 

在籍確認とは勤務先への電話連絡を指し、いつどのようなタイミングで行われるのか、もしも回避する方法があるのであれば、事前に頭に入れておきたいものです。

 

そもそもなぜキャッシングやカードローンを利用する際に在籍確認が行われるのかというと、これは申込者が本当に返済する能力があるかどうかを確認するためです。横浜銀行側としては、お金を貸したのに返済されないという事態はできる限り避けたいものです。

 

この貸し倒れを防ぐためにも申込者に安定した収入があり、返済能力があるかどうかを確認しておく必要があるのです。横浜銀行カードローンに申し込みを行う場合には、氏名や年齢、生年月日や住所などの情報だけではなく、勤務先や他社からの借入件数などのさまざまな個人情報を記入することになります。これらの個人情報は自己申告であり、場合によっては虚偽の情報を申告していたり、入力ミスなども考えられるでしょう。このような問題を防ぐためにも、電話連絡によって在籍確認を取り入れているということです。

 

横浜銀行カードローンの在籍確認は、横浜銀行が行うのではなく保証会社が行い、また審査に関してもすべて保証会社が行っています。横浜銀行と提携している保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス会社と呼ばれるところであり、ここでカードローンの審査を請け負っています。

 

審査内容には在籍確認も含まれているため、職場への電話連絡はSMBCコンシューマーファイナンスから電話がかかってくることになるでしょう。

 

実際に電話がかかってくるのであれば、そのタイミングが気になるものです。横浜銀行カードローンの場合には、在籍確認は審査の終盤で行われることになるでしょう。申し込み条件を満たした人のみに審査の最終的な確認として在籍確認が行われることになります。つまり在籍確認が行われれば、ほぼ審査に通過する可能性は高いということを表しています。

 

審査がスムーズに行われれば、電話連絡が入るのは申込日の当日、もしくは翌営業日となります。担当者の状況によってはタイミングが異なるケースもありますが、申込日から三日以上を経過して行われることはないと覚えておくとよいでしょう。しかしこの場合土日祝日を挟んでいる場合には三日以上かかるケースもあるため注意が必要です。

 

 

審査の一環とはいえ在籍確認について心配事や不安がある人も多いことでしょう。このような場合には担当者に相談することも可能です。

 

細かい指定をすることはできませんが、例えば午前中はだれも会社にいないので午後に電話をかけてほしいなどの要望を事前に連絡しておくことによって、受け入れてもらえる可能性もあります。

 

在籍確認が行われるのは、原則として初回の契約時のみです。例えばキャッシングを利用中に増額を求めた場合には再度審査が行われることになりますが、その際には在籍確認が行われることはありません。しかし転職などによって初回契約時と勤務先が異なったり、別の商品やサービスに申し込む、解約した後に再度申し込むなどの場合には再度行われることになるため注意しましょう。

 

 

中には在籍確認として職場に電話連絡が来ると、キャッシングやカードローンを利用することが職場の仲間にばれてしまうのではないかと心配になる人もいることでしょう。

 

できる限り在籍確認を回避したいと考える人もいるかもしれませんが、横浜銀行カードローンでは在籍確認の電話連絡を避けることはできません。

 

しかし横浜銀行カードローンの在籍確認は、プライバシーに配慮された方法なので、それほど心配はありません。担当者は非通知で電話をかけ、さらには個人名で電話をかけてくれるので、これによりキャッシングがばれてしまう可能性は低いといえます。

 

申込者の勤務先に非通知で電話がかかってくることになりますが、その理由としては電話番号を検索したり、折り返し電話をかける問題を防ぐためです。しかし勤務先によっては非通知拒否に設定していることもあります。その場合には担当者が番号通知で電話をかけざるを得ないため覚えておきましょう。

 

また銀行名は伏せて個人名で電話をかけてくるので、上司や同僚にばれてしまう危険性は少ないといえます。

 

希望によっては銀行名で電話をかけてもらう可能ですが、この場合には事前に相談を行う必要があります。電話の内容としては、電話に出たのが申し込み者以外の人だった場合には、たとえ相手から用件を聞かれたとしても絶対にこたえることはありません。本人と確認できるまでは、在籍確認であることは明かされないため安心できます。

 

申込者本人が不在であった場合でも、勤務先に在籍していることさえわかれば席を外している、休んでいるなどの返答することで再確認が完了します。