バンクイックカードローンは職場に電話あり?在籍確認のタイミングと回避方法

バンクイックカードローンは職場に電話あり?在籍確認のタイミングと回避方法

 

金銭的に余裕がなく給料日までに生活できない、突然の出費に困ってしまったなどの問題に直面した時に便利に利用できるものがキャッシングです。近年では多くの企業がキャッシングサービスを導入しています。数あるキャッシングサービスの中でも人気を集めているのが三菱UFJ銀行が提供しているカードローンのバンクイックです。バンクイックが人気を挙げている理由としては審査や融資までのスピードが速いこと、利息が低いこと、総量規制の対象外であることなどがあげられます。

 

お金を借りる際にはどこの企業でも必ず審査が行われることになりますが、近年のキャッシングでは担保や保証人が不要となっていることがほとんどです。これが審査を行う理由といえるでしょう。担保や保証人があれば万が一返済が滞った時には担保で返済をしてもらうことができたり、保証人が代わりに返済することにより解決することができます。しかし近年行われている融資は担保や保証人が不要というものがほとんどで、その代わりに個人の信用をもとに貸し出すことが主流となっています。そのため本当に信用できる人であるかどうかを調べる必要があり、これが審査にあたります。お金を貸したとしてもしっかりと返済してもらえるかどうかをチェックするということになります。

 

審査の過程の一つに在籍確認と呼ばれる項目がありますが、これは申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを調べるものです。中には申告した内容が虚偽である可能性もあり、万が一無職の人間にお金を貸してしまえば、返ってくる保証はありません。カードローンを申し込む人の中にはどうしてもお金を貸してほしいという思いがあるので、勤務先を偽って申告する人も見られます。確かに審査においてはパートやアルバイト、派遣社員などと比べると正社員の方が通りやすい傾向にあります。

 

また中小企業に勤めているよりも、大企業に勤めていた方が審査には有利となるでしょう。そのため申告内容に虚偽がないかどうかを見極めるために行うものが在籍確認と呼ばれるものです。勤務先に電話連絡があるケースもあれば、個人にかかってくることもあります。在籍確認はどのように行われるのかというと、一般的には申告した企業に確認の電話をかけることになります。この時にかける電話番号も、記載された番号にかけることになるでしょう。

 

電話連絡をするといっても三菱UFJ銀行やバンクイックなどの名前を出すことはありません。本人の知合いであるかのような雰囲気で電話をかけてくることになるでしょう。その人に用事があるようなふりをしてかけてくるので、電話をかわってくれればそれで在籍確認は終わり、例えば外出していたり席を外していたり、本日は休みですなどの返答であったとしても在籍していることがわかるためこれで確認は終了となります。必ずしも本人が電話に出なくても問題はなく、確認さえできれば大丈夫であることがわかります。

 

このように審査の一環で在籍確認が行われることになりますが、必ずこの在籍確認が必要だと考えている人もいるかもしれません。しかし実際には電話連絡が来なかったのに審査に通過したという事例がたくさん報告されています。その一つにテレビ窓口を利用して申し込みを行った方法です。これは三菱UFJ銀行などに設置してある無人の申込機のことです。周りの人たちからは見えないような作りになっていて、プライバシーを守れるのはうれしいところといえるでしょう。無人とはいえ操作が分からなくなったり疑問点がある場合には、担当オペレーターと電話で話すことも可能です。このテレビ窓口で申し込み行うと、在籍確認がなくても審査に通過できるという噂も聞かれます。

 

実際には確かな証拠はありませんが、テレビ窓口で申し込んだ場合には審査が非常に速いため、そう思われているといえるでしょう。土日や祝日であってもテレビ電話では申し込みが出るその場で融資まで完了してしまうため、在籍確認の電話はしていないのではないかと思う人が多いのかもしれません。土日や祝日が休みの会社に勤めていれば、在籍確認がなされていないということになるでしょう。このような所からテレビ電話で申し込んだ場合には在籍確認が行われないという噂が出てきたのかもしれません。

 

在籍確認がいやだと感じる人の中には、本当に勤務しているけれども職場の人たちにキャッシングをしたことがばれてしまうのではないかという思いから嫌だと感じている人もいるものです。この場合には三菱UFJ銀行の窓口で直接担当者に相談してみるのも一つの手段といえます。自分の都合で電話をしないでほしい、電話があると困るなどと相談するのではなく、できる限り申告した職場で働いている証明書を提示することが求められます。

 

社員証や健康保険証、社名の入った明細書などがあれば間違いなく務めている証明にもなるでしょう。この確認をすることができれば在籍確認を回避できるケースも考えられます。しかしあくまでも可能性であるため、あまりにも期待するのはやめましょう。