アコムカードローンは職場に電話あり?在籍確認のタイミングと回避方法

アコムカードローンは職場に電話あり?在籍確認のタイミングと回避方法

 

一般的にキャッシングやクレジットカードの申し込みを行う際には、在籍確認が行われることになります。

 

在籍確認と聞くと職場に電話がかかってくることから同僚や上司にキャッシングがばれてしまうのではないかと心配になる人も多いことでしょう。そもそもなぜ在籍確認が行われるのかというと、それは申込者の返済能力を確認するために行われます。在籍確認はカードローンの申し込みを行ったときに記載されている勤務先の会社に、本当に申し込みをした人が在籍しているかどうかを確認する審査の一つになります。アコムだけではなくしっかりと貸したお金を返済してもらうためにも、安定した収入があることは最低の条件となるでしょう。契約者に安定した収入があることを見込んでお金を貸すことになるので、在籍確認は当然の審査ともいえます。仕事をしているのであれば何も後ろめたい思いを持つ必要はありません。

 

正社員だけではなく契約社員や派遣社員、アルバイトやパートの人でも同じことが言えますが、基本的に毎日職場に通うことになるでしょう。そのためできることならば上司や同僚などをはじめとした、職場で一緒に働く人たちに自分がキャッシングやカードローンを利用しようとしていることは知られたくないものです。多くのキャッシング会社が行う在籍確認の電話をできることならば回避したいと考える人も多いことでしょう。結論から言うと、アコムでキャッシングを利用しようと思ったときに、在籍確認を回避することは可能です。

 

基本的には在籍確認を行うことになりますが、勤務先の所属がわかる健康保険証や直近の給与明細書などを提示することにより、電話確認を省略できるケースもあるのです。審査状況によっても異なるので希望すれば必ず回避できるというわけではありませんが、書類を提出することによって電話確認なく融資が可能となるケースがあります。つまりアコムからの電話連絡を回避したいのであれば、勤務先の情報が記された書類を提出することにより、電話連絡の代わりとして認めてもらえる可能性があるということになります。

 

社員証や給与明細書、健康保険証などがこれに該当し、電話連絡をしてほしくないのであればアコムに電話をして相談することによって、オペレーターが丁寧に対応してくれることでしょう。しかしここで注意しておかなくてはならないことは、回避してほしいという電話連絡をしなかったり、電話連絡が遅れてしまった場合です。近年ではキャッシングを扱っている企業では、審査のスピードを売りにしているところもあります。アコムも審査のスピードは比較的はやいので、場合によっては電話連絡を行う前に電話が職場に入ってしまう可能性もあります。必ずしも避けられることではないことを頭に入れておきましょう。

 

もしも職場の人たちにばれたくないのであれば、事前に先手を打っておくことも望ましいでしょう。例えば勤め先の会社の事業や業種によっては会社の電話自体がめったにならないところもあります。このような場合に突然電話がかかってくればだれもが気になるため、自分宛や会社への電話が少ない企業に勤めているのであれば事前に対策を行っておきましょう。この場合にはあえて自分あてに電話がかかってくることを申告しておくことが望ましいでしょう。

 

クレジットカードに申し込みを行う際にも確認の電話がかかってくることになるので、クレジットカードに申し込みをしているので自分あてに電話がかかってくるという旨を事前に伝えておきます。実際にアコムではクレジットカードの発行もしているため、クレジットカード会社からの連絡というのも嘘には当たりません。在籍確認が行われるときには企業名は名乗らないことになっているため、自分が堂々としておくことが一番の対処法と言えます。

 

派遣社員の場合には申込時の勤務先の申告には派遣先の企業ではなく派遣元の会社名で申し込みをしておくことが望ましいでしょう。在籍確認の際に自分が会社にいなければならないのかと心配する人もいるかもしれませんが、無人契約機で申し込みを行いすぐに審査が行われ在籍確認の電話が会社にあった場合には、当然のことながら外出中になってしまいます。

 

しかし在籍確認は企業に所属していることが確認できれば何も問題はありません。電話に出た相手が本人は外出中ですと答えれば、それで在籍確認は完了したということになります。

 

電話連絡を回避したいからと様々な書類を提出したとしても、審査によっては電話連絡を避けられないケースも見られます。これはアコムの審査の判断によるものなので、電話があるかどうかは予測ができません。それでも心配なのであれば、申し込みの際にフリーダイヤルで電話をし、電話連絡が不安な点について相談に乗ってもらうとよいでしょう。会社の都合や長期休暇などで連絡がつながりにくいのであれば、あらかじめ連絡を入れておくことによって、在籍確認の日にちや時間帯を指定することも相談できます。